自分で解消! 足のむくみに効く「ツボ」と「正しい押し方」

足つぼマッサージ
冬に向けて、ブーツを履く機会も多くなってきますよね。
「朝は履けていたブーツが、帰ろうと思ったら、足のむくみのせいで入らない!」なんてことにならないように、日ごろから足のむくみケアには気をつかっておきたいものです。
今回は、数ある足のむくみケア方法のなかの1つ、足のむくみに効くツボをご紹介します。

正しいツボの押し方

正しいツボの押し方
これからご紹介するツボの場所は、あくまでも目安です。体格や体調によって微妙に場所がずれることもあるので、ツボ押し前には毎回場所を確認するようにしましょう。
「痛いけど気持ち良い」と感じる場所を探してください。

また、ツボを押す際は力を込め過ぎてはいけません。
息を吐きながら押し、息を吸いながら指の力を抜きます。指の力を抜くときはゆっくりと行い、手をツボから離さないことがポイントです。

■湧泉(ゆうせん)

※場所

湧泉は、足の裏にあります。

・足の裏の中指の下
・土踏まずの少し上
・足指を内側に曲げた時に、くぼむところ
・くぼみは足の裏の真ん中よりも上あたり

気力やパワーが泉のように湧くため、ここのツボが湧泉と名付けられたそうです。

※効果

湧泉は「万能のツボ」と言われており、足のむくみだけでなく血流改善や筋肉の疲労回復、冷えなどにも効きます。

※押し方

1. 親指の腹で力を込めて湧泉を約3秒間押します。
2. 親指の力を抜き同じく約3秒間待ちます。
3. 両足のツボをそれぞれ5回ほど押しましょう。

もし湧泉が押しにくい場合は、ツボ押し棒を使う、もしくは青竹踏みが良いでしょう。ツボ押し棒を使えば、ピンポイントで力をかけることができます。
また、青竹踏みなら踏むだけで湧泉を効果的に刺激してくれますし、全身の血行促進にも一役買ってくれます。

■三陰交(さんいんこう)

※場所

三陰交の場所は、足の内くるぶし付近です。

・内側のくるぶしから指4本分ほど上
・筋肉と骨の境目
・押すと気持ち良さよりも、痛みを感じる場所

※効果

下半身の血行改善を促すことから、むくみだけでなく冷えや生理痛、月経不順、便秘など女性が悩みがちなトラブルに作用します。
そのため、女性特有の悩みによく効くツボとして知られています。

※押し方

1. 床に座り、親指の腹を使って押します。
2. 強く押しすぎないように気をつけながら、約5秒間押します。
3. ゆっくりと指の力を抜きます。
4. 5回繰り返します。
ツボの位置

ツボ押しをするときには、そのままでもOKですが、ジェルやマッサージ用オイルを塗るのが、おすすめです。

ジェルやオイルを塗ることで摩擦が軽減されるだけではなく、巡りをサポートする成分が配合されていれば、ツボ押しの効果をサポートできます。

むくみ解消のための精油がブレンドされたジェルやオイルを使って、お風呂上りにツボ押しタイム♪

脚がスッキリ軽くなるばかりか、精油の心地よい香りで癒されて、心もスッキリ!ツボ押しで美脚を手に入れてくださいね!

 

■ナターシャズ・アロマ
ナターシャズ・アロマ
サイプレス、アトランティック・セダー、セージ、ユーカリ、レモン。5種類の高品質な精油をぜいたくにブレンドした、リッチなマッサージ用アロマオイル。

ポカポカ、スッキリ軽くなると、評判です♪

ページTOPへ ↑