脂肪が燃えるメカニズムと酵素がダイエットにいい理由

脂肪が燃えるメカニズムと酵素がダイエットにいい理由

ダイエットにおいて「脂肪の燃焼」は欠かせません。余分な脂肪を燃焼し、エネルギーに変えることがダイエットの醍醐味といっても過言ではないほどです。

では、この「脂肪の燃焼」が一体どのような仕組みで起こっているのかを知っている方はどれぐらいいるでしょうか?
知っているようでよく知らない、という方は意外と多いと思います。

「脂肪の燃焼」のメカニズムを知って、より効果的なダイエットを行いましょう!

脂肪が燃えるメカニズムとは?

脂肪を燃焼させる仕組みのポイントはずばり「代謝」です。
私たちの体内には、消費しきれず蓄積された脂肪が多かれ少なかれ存在します。
運動などをしてエネルギーが必要な状態になった時、脳からの「エネルギーを作って!」という命令に従ってホルモンが分泌され、脂肪燃焼をつかさどる酵素が活性化することによって脂肪がエネルギーに変換されるのです。

この、脂肪や栄養素が活用しやすい形に変換されて消費される仕組みを「代謝」といいます。
代謝が活発な人はそれだけ脂肪が燃焼しやすく、エネルギーとして活用されやすい状態であるといえるのです。

脂肪燃焼には体質改善が必須!

代謝を高めて脂肪を燃焼させるには、体を健康的な状態にキープすることが必須です。
過度な飲酒や喫煙、バランスの悪い食生活などが当たり前になっている人は、内臓の機能が低下しやすく、自律神経もバランスを崩しがち。
ホルモンバランスも乱れやすい状態なので結果的に代謝が落ちてしまいます。

一方、健康的な生活を送っている人は内臓の機能が正常に働きやすく、基礎代謝が活発な状態をキープしやすい状態になります。
基礎代謝が活発であれば少しの運動でも大きな効果を感じやすくなりますし、ダイエットにとってとても有利であるといえますね。

脂肪燃焼のカギを握る「酵素」

脂肪が燃えるメカニズムと酵素がダイエットにいい理由

体質を改善して脂肪を燃焼しやすくするためにぜひ押さえておきたいのが、酵素の働き。
すでにお話ししたように、不健康な生活を送っている人たちは代謝が低下しがちです。
その大きな理由は、飲酒や喫煙、暴飲暴食などにより体内の消化酵素を大量に消費してしまうことなのです。

私たちの体内で生成されている酵素には、大きくわけて、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。
私たちがものを食べた時、その栄養素を体にきちんと取り入れられるよう、吸収しやすい状態に消化・分解するために働くのが消化酵素。
栄養素が入ってこなければ、私たちの体は正常に機能することができませんから、消化酵素は最優先で生産されます。

一方、代謝をつかさどる代謝酵素は消化酵素づくりが優先されることによってつくられにくい状態にあります。
食べ過ぎたり飲みすぎたりすればその分消化酵素が大量に必要になるため、ますます代謝酵素が不足して代謝が落ちてしまうのです。
健康的なダイエットのために重要なのは、消化酵素によって食べ物の栄養素をきちんと消化・吸収し、取りこんだ栄養素を、体内で必要なさまざまな物質につくり替えたり、エネルギーづくりをしたりと、代謝酵素がスムーズに働ける状態をつくること。そのためには、消化酵素の無駄使いを抑えることが必須なのです。

消化酵素を使いすぎないために効果的なのが、食物酵素をたっぷりと摂取することです。
加熱していない、生の野菜や果物などには多くの酵素が含まれています。それらは食べ物そのものを分解して消化を手助けする働きを持っています。

酵素の原料となるタンパク質やその働きをサポートするビタミン・ミネラルを日頃から摂取し、サラダや生ジュース、加熱の少ない調理法などで食物酵素を取り入れることで、代謝を高める手助けをすることができるのです。
酵素を積極的に摂取して効率よく脂肪を燃焼させれば、憧れのナイスボディも夢ではありませんよ!

■ウルトラ酵素
urtrakousoneo

ページTOPへ ↑