実は大変! 内股が原因で脚に起きてしまう悪影響と対策方法

可愛らしいポーズ代表の「内股」。
少しぶりっ子なイメージもありますが、ついついやってしまっているという方も多いはず。

または、自分では気づかずに実は内股になっているなんてこともあるかもしれません。
内股は、見た目は女の子らしいと思うかもしれませんが、脚には悪影響をもたらしているのです。
「脚がやせない」「太い脚が嫌」とお悩みの方は、実は内股が原因かもしれませんよ。

今回は、内股ポーズが原因で起こる悪影響と対策方法についてご紹介いたします。

内股が原因で起きてしまう悪影響とは?

・骨盤が広がってしまう
内股を続けていると、骨が内側に曲がって骨盤が広がってしまいます。
すると太ももの外側が張って脚が太くなったり、お尻が大きくなったりと女性を悩ませるトラブルが出てきてしまうのです。

・脚の形までも変わる
内股はO脚の原因にもなります。
すらっと真っ直ぐ細く伸びるキレイな脚には程遠い形になってしまうのです。
X脚や、XO脚を引き起こすこともあるので注意が必要です。

・ヒップが垂れる
骨盤が横に広がることで、お尻の筋肉が低下してヒップが垂れてしまうことも。
一度垂れたヒップを元に戻すのは至難の業です。

また、内股を続けることで垂れもどんどん進行してしまいます。

・血行不良
内股によって骨盤が歪むと血行が悪くなって、脚がむくみやすくなります。
脚がむくむと、デコボコと醜いセルライトができやすくなってしまうので要注意です。
膝周りやふくらはぎがむくむだけで脚全体が太くなったように見えてしまうこともありますよ。

・冷え症
血行が悪くなると体が冷えやすく、冷え症を引き起こすこともあります。
体が冷えると脂肪が燃焼しにくくなるので、下半身に溜まった脂肪は落ちにくくなって負のスパイラルに。

また、血行が悪くなって体が冷えると体に溜まった老廃物も流れにくくなり、セルライトができやすくなってしまいます。

内股を直す方法とは?

実は大変! 内股が原因で脚に起きてしまう悪影響と対策方法

キレイな脚を保つためには内股を直して、広がった骨盤を戻すことが大切です。
そこで「正しい立ち方」と「歩き方のコツ」「骨盤矯正エクササイズ」をご紹介いたします。

関節を動かして筋肉をつけ、下半身太りから脱却しましょう。

内股改善! 正しい立ち方

内股の方は、足の裏の内側に体重をかけて立っている場合が多いです。
改善するには「足の裏全体に体重を乗せるよう意識すること」が大切です。

かかと、足の親指の付け根、小指の付け根の3箇所に均等に重心を乗せるようにするといいでしょう。
足裏全てを地面につけるように意識してください。

かかとをくっつけ、つま先を少し開き、膝が正面を向くように。
最後に、お尻にキュッと力を入れて背筋を伸ばせば、骨盤が正しい向きになります。

正しい歩き方

普段歩くときにも「正しい歩き方」を意識することで、内股の改善には効果があります。
キレイな姿勢で颯爽と歩く方法をご紹介します。

・かかとから着地して、つま先で後ろを蹴るようにして歩き出す
・1本の線の上を歩いているようなイメージで、膝同士が少しこすれるようにして歩く
・脚の全体を使って歩くように意識しながら、脚の付け根から前に出すイメージをもつ
・膝が正面を向いていることを意識する

骨盤矯正体操

内股が原因で骨盤の歪みが生まれますが、逆に骨盤の歪みが内股を悪化させることにもつながります。
骨盤の歪みを放置することでどんどん悪化していくことがあります。

日常に骨盤矯正エクササイズを取り入れることで、開いてしまった骨盤をしっかり締め直して、内股改善と一緒に美しい脚を手に入れましょう。

1. 仰向けで寝る
2. 両膝を90度に曲げて立てる
3. 膝は曲げ状態で、膝をくっつけたまま脚を左右にパタパタと倒す(3分間続ける)

脚を倒しているときに、上半身と顔は常に天井に向いていることがポイントとなります。
1日3分のとても簡単なエクササイズなので気軽にチャレンジすることができると思います。
毎日続けていくことがとても大切です。

さらに、骨盤の歪みを直すにはエクササイズ以外にも、日常的に骨盤の歪みの原因となっていることを意識して変えていく必要があります。

・カバンを常にどちらかの肩だけにかけている
・椅子に座っているときに脚を組んでいる
・寝るときにいつも同じ方向の横向きで寝ている
・パンツの後ろポケットの片方だけに財布や携帯を入れている

「可愛いポーズ」だと思ってやっていた内股が実は、可愛くない脚になってしまう原因だったのですね。
真っ直ぐに伸びたキレイな脚は女性にとっての大きな武器といっても過言ではありません。

これまで内股をしていたという方は、今すぐ治してキレイな脚を目指してください。

■ナターシャズ・アロマ
20160122_05

ページTOPへ ↑