正しくセルライトを改善! ドライブラッシングのやり方と注意点

正しくセルライトを改善! ドライブラッシングのやり方と注意点

セルライトを改善するためにマッサージに励んでいる方は多いですね。
その効果をより高めることができるとして最近注目を集めているのが、「ドライブラッシング」です。

しかし、方法をちょっと間違えてしまうとかえってお肌を傷めてしまったり、効果を十分に感じられなかったりすることも。
正しいドライブラッシングのやり方のポイントを押さえて、憧れのナイスボディを手に入れましょう!

「ドライブラッシング」のセルライト改善効果とは?

多くの女性を悩ませるセルライト。
毎日コツコツマッサージすることで改善することはできますが、ドライブラッシングを一緒におこなえば、その相乗効果でセルライト改善がスピードアップするといわれています。

ドライブラッシングとは、乾いたブラシで皮ふをこするデトックス法のことで、リンパや血液の巡りを促し、皮膚から老廃物を活発に排出できる状態に整える働きがあります。

皮膚は体を保護するだけでなく、排泄器官としての役割も持っています。
程よく刺激してあげることによってセルライトの組織内に蓄積された水分や毒素を体の外へきちんと出す準備をすることができます。

ブラシ1本で体の内側から巡りを改善するドライブラッシングは、手軽で効果てきめんなセルライト改善策なのです。

正しくセルライト改善! ドライブラッシング5つの注意点

正しくセルライト改善! ドライブラッシング5つの注意点

美しいボディラインをドライブラッシングで手に入れるために、正しいやり方をマスターすることは必要不可欠。
これからご紹介する5つのポイントを押さえて、安全に行ってくださいね。

■ ブラシは必ず天然素材のものを!
ボディブラッシングに使うブラシは、必ず天然素材の繊維でできたマッサージ用ブラシを選ぶようにしてください。
メキシコサボテンなどの植物性繊維のブラシが手に入ればベスト。

天然素材のものであれば豚毛や馬毛などの動物性繊維のブラシをチョイスしても構いませんが、合成繊維のブラシだけは選ばないようにしましょう。
知らぬ間にお肌を傷つけ、黒ずみなどの原因になってしまいます。

■ ブラッシングの前に鎖骨のマッサージを
ブラッシングを始める前に、鎖骨のくぼみをマッサージしましょう。
そうすることによって全身のリンパ節を目覚めさせ、老廃物をリンパへ流れやすくすることができるのです。

まず、右手の指2本を左の鎖骨のくぼみにあて、首に向かって優しくすくうように8回マッサージしてください。
反対も同様に行ったら準備完了です。

■ お風呂の前の乾いた体に! 指先から中心へブラッシング
いよいよブラッシングです。お風呂に入る前の、乾いた状態で、皮ふを軽くサッサッと掃くように行ないます。
順序としては、心臓から遠い足の指先からスタート。

膝の裏、脚のつけ根にリンパ節が集まっていますのでそこを目指すようなイメージで、下から上にブラッシングしていきます。
足先から付け根まで進んだらヒップ、お腹へ。

そして、手先から脇に向けて、背中、胸、デコルテの順序で、体の中心に向かっていくように行ないましょう。

■ 力は入れずに優しくブラッシングしよう!
ブラッシングの際には力を入れないようにしてください。ブラシの毛によって十分な刺激が与えられるため、力を入れる必要はありません。
お肌が赤くなるほどこすってしまうとかえってお肌のバリア機能を壊し、肌荒れの原因となってしまいます。

■ やりすぎ禁物! 所要時間は5~6分程度
ブラッシングは、全身行って5~6分程度にしましょう。
すでにお話ししたように、こすりすぎは逆効果になってしまいます。
また、肌荒れを起こしている部分は絶対にブラッシングしないようにしてくださいね。

始めはチクチクしてびっくりしますが、一度挑戦してみると、病みつきになるほど気持ちいいドラブラッシング。
セルライトの改善だけではなく、肌の新陳代謝を促して、ピカピカでツルツルに輝いた!という声も聞かれます。
効果をしっかり感じるために、ポイントを押さえた正しいやり方で、毎日の習慣としてしっかり根付かせていきましょうね。

ナターシャズ・クリーミィ ジェル

ページTOPへ ↑