夏は、がっつり!肉食ダイエット!タンパク質(プロテイン)で引き締めボディのコツ

70年前とくらべて寿命も身長もぐ~んと伸びた日本人。肉やたまごなどの動物性タンパク質を多くとるようになったことが、影響しているとか。

「お肉はカロリーが高いからダイエットの敵!」は、一昔前の常識。タンパク質は健康的なダイエットにも必要な栄養素です。

タンパク質を意識した食生活で、引き締めボディをめざしてみませんか?

タンパク質。食べる量が減っている!?

タンパク質は、20種類のアミノ酸が、鎖状につながったもの。

私たちの体もタンパク質でできており、その種類、なんと、2万種類以上!血液も皮膚も酸素を運ぶヘモグロビンや細菌などの外敵を攻撃する抗体、ホルモン、酵素など、生きていくうえで欠かせない”体内スタッフ”は、タンパク質でできています。

食事からのタンパク質摂取量が不足してしまうと、これらの体内タンパク質がうまく働けなくなってしまいます。

タンパク質はとても重要な栄養素なのに、1990年代には、1日平均74g前後だった20歳以上の女性のタンパク質摂取量は、2015年には64.3gにまで減少しています。

1日に必要なタンパク質量は、体重1㎏あたり1.2~1.5gといわれています。体重50kgなら、60g~75gくらい。「じゃぁ、牛肉を100g食べれば足りる!」と思ったら、大間違い。

たとえば、タンパク質食品を代表するたまごで、1個に含まれているタンパク質量は5~6g。定食の定番、塩サバは1切れあたり15gくらい。納豆のタンパク質量は1パックあたり8g程度ですが、良質度が低いので、その分、割り引いて考えなければ…。

軽めの朝食で、昼はお弁当やソバ。夜は和食で、サバと納豆を食べたから、今日はたっぷりタンパク質がとれていてOK!な~んてことにはなりません…。実際には、タンパク質摂取量は、足りていないと考えるべきでしょう。

その肥満は、タンパク質不足かも?

食事のときにタンパク質をしっかりとると、満腹感が持続する。
米国のパーデュー大学の研究チームがこの定説を検証したところ、大正解だったことが判明。昨年、その研究報告が公表されました。

肉や魚はカロリーが高そうだからと、控えてしまいたくなる気持ちはわかりますが、重症の肥満でもないかぎり、カロリーよりも糖質のとりすぎを意識すべき。これが、いまのダイエット常識です。

実は、食事でとったタンパク質が消化・吸収され、熱となって放出される割合は、糖質や脂質の3倍以上。タンパク質は消費エネルギーが多いうえに、満腹感が持続するので、ダイエット効果の高い栄養素なのです。

タンパク質は量的な確保とともに、その”良質度”にも目を向けることが大切です。

良質のタンパク質食品とは、人が体内で合成できない9種類の必須アミノ酸がすべて十分に、バランスよく含まれているもの。

動物性のタンパク源と植物性のタンパク源を一緒にとるようにすると、互いに足りないアミノ酸を補いあって、理想的なアミノ酸バランスに近づけることができます。

例えば、豆腐をそのまま食べるとプロテインスコア的にはアミノ酸の半分くらいが不足しますが、かつお節をかけるだけで、ほぼ完ぺきなアミノ酸バランスになります。

私たち人間は動物ですから、植物性に比べ動物性タンパク質のほうが吸収率、体内利用率などの面で、有利です。肉類だけに偏らずに、魚、たまごもしっかり食べましょう。豆類やナッツなどの植物性タンパク質もうまく合わせてとりたいですね。

植物性タンパク質で夏場のイチオシは、えだ豆。食物繊維やビタミンB1、B2、Cも豊富なので、ダイエットはもちろん、美肌の味方にもなってくれるはずです。

でも、「朝からたっぷりタンパク質」という食べ方は、ちょっと待った!朝食だけは、タンパク質は控えめにするのが、おすすめです。

なぜなら、私たちの体は、朝方から午前中はデトックス優先に働くため、朝食は、できるだけ消化吸収に負担をかけずに酵素が豊富な食事をするのが、ベストなのです。

朝食はフルーツや生のフルーツジュースですませ、昼食と夕食でしっかりタンパク質の確保を。とくに夕食は、タンパク質中心の献立にしましょう!

今すぐスリムになりたい!そんな時こそ、NS式が本領を発揮!

夕方から夜にかけて、良質のタンパク質をしっかり摂取すると、就寝中におこなわれる細胞の修復作業が効率よく進み、余分な脂肪も燃焼されやすくなって、ダイエット効果がさらにアップします。

とはいえ、ダイエットのために長期間食事管理をつづけるのは、なかなか大変なこと。しかも、今すぐに理想のボディを手にいれたいですよね。そこで、NS式絶食プランが役立ちます。

NS式絶食プランは、食事のかわりにサプリメントで1日~3日を過ごすファスティングダイエット。

1食分約140カロリーにもかかわらず、タンパク質、ビタミン・ミネラル、脂肪酸などの栄養素をしっかり補います。とくに、タンパク質は、プロテインスコア100の超良質タンパク質を、1日あたり60gも確保できるように設計されています。

サプリメントだけとはいえ、普段の食事以上ともいえる栄養素で体を満たすので、絶食でありがちな倦怠感や代謝の低下をカバー。安心安全にスピーディなダイエットができると好評です。

NS式ダイエット後の復食期を終えたらタンパク質中心の食事に切りかえて、ボディーキープをすればバッチリ!

NS式で健康的に素早く軽やかになって、スッキリボディで夏を思いっきり楽しみましょう!

質・美味しさ・含有量!ウルトラプロテイン

ページTOPへ ↑